100年分の感謝を未来へ
ホームユニーク表彰制度 突撃取材! > 100年分の感謝を未来へ

100年分の感謝を未来へ

[ 岡山・岡山市 ]

下津井電鉄株式会社 永山 久人 代表取締役社長

創立100周年おめでとうございます。100周年を迎えられて今のお気持ちをお聞かせください。

永山:当社は私で6代目になるのですが、組織が大きくなり、100年も会社が続くといろいろなひずみやしがらみが出てきました。継承して 7年になりますが、この間それらを、ひとつひとつ整理して事業を存続していくことにかなりの時間と労力を費やしました。

採算が取れない事業をどうするのか、その決断を迫られ、金融機関や周りの知恵を借りながら決断していきました。幸い、先人達が潤沢な資産を残してくれていたので、じっくりと取り組むことができました。そのなかで力を貸してくれて本気でいっしょに取り組んでくれた仲間に出会えました。

また、自身の能力を過信せず、人に聞かなきゃわからないというスタンスで取り組み、たくさんの人に支えられていることを感じることもできました。

企業理念についてはどのようにお考えですか?

永山:当社には社是・社訓がありますが、それは国家憲章のようなもの。時代が移り変わろうと、変える必要はないと思っています。時代にあったものを作ろうかと考えて、100周年を機に世界レベルまでいろいろと調べましたが、ピタッとくるものがまだありません。ただ、なぜ、今まで我々が生きてこられたか、これからどうやって生きていこうかを考えた時に、大きく意識を変えて行かなければなりません。

下津井電鉄は、バスや住宅事業、観光事業をやっています。正直、泥くさくて、PRが下手でメディアをうまく活用できていません。例えば、路線バスを全車冷房完備したのは、日本では当社が初、ISO9000をバスで取得したのも全国初。

周囲からはすごい事だと言われたのですが、あえて我々はPRをしてきませんでした。目の前にいるお客様のことを考えたいので、大風呂敷も広げる必要もありません。お客様に必要とされる限り会社は潰れません。私はすべての業種、業態がサービス業だと思っています。バス事業でも住宅事業でも観光事業でもありません。

困りごとや悩み事を持たれている方を、お客様と定義付けしています。質の高いサービスとは、お客様の困りごと悩み事をいかに引き出せるかなのです。それだけにサービス業には感性力が大事だと、社員たちに言っています。

なぜ、あえて永山社長の時代に改革を実行されたのですか?

永山:天命だと思っています。私でちょうど100年目を迎え、誰かがしなければいけなかった。ならこれも巡り合わせかなあと。まあその人に解決できないことは起こらないといいますから。「お前なら何とかできるだろうと。そこから逃げなかったらなんとかなるだろう」と、私が試されていると考えました。諦めたり、逃げたりしない限り多分いけるぞと、実体験の中にありました。

この世に生まれて、“自分はどのような使命をもって生まれてきたのか?”なんて、だれも考えないですよね。私は天命を与えてもらい、逆にありがたいと思っています。墓に入ってもご先祖様に対して胸を張ることができます。

100周年記念事業の一環として自転車ラックバスを導入。
バスには下津井電鉄軌道跡「風の道」のイラスト地図や風景写真をラッピング

今後、下津井電鉄をどのようにしていきたいとお考えでしょうか?

永山:1つ目は、あらゆる業務をサービス業として捉えることのできる企業体にしたい。2つ目は、何事も数字を根拠として捉えることができる企業にしたいと考えています。

例えば社員の採用について、今までは中途採用が主流でした。先代が、無駄な金は使うなという方針だったので。ところが、ある先輩社長からアドバイスをされてから、積極的に新卒の採用をはじめました。この春、初めて住宅部門で女性の営業社員を採用しました。これからは人材育成が課題であると思っています。よく、学生の方にお話するのですが、会社が何をいちばん「正義」としているのか? 会社が「正義」としていることを見抜けないとダメですね。

自分の持っている正義感とそれが合うかどうかが重要です。一人ひとりの社員が成長すれば、会社として成長します。上が押さえつけたら人は成長しません。ですから、組織のトップに面白い人間がいたほうが楽しいじゃないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

■COMPANY
下津井電鉄株式会社
明治44年創業。会社創立100周年となる2011年を第2創業と位置づけてグループ再編を行い、現在国内15社からなる「新生シモデン」の中核としてグループを牽引する。交通・住宅・飲食業など多角的に事業展開するが、「すべてはサービス業」という考えの基、「お客様の笑顔」「地域の笑顔」を創造する為、これからも究極のサービスを追求し続ける。

■PEOPLE
永山 久人
下津井電鉄株式会社 代表取締役社長。1960年岡山県生まれ。 1983年 阪急バス㈱入社、1986年下津井電鉄株式会社入社、2001年 同社代表取締役社長に就任。

下津井電鉄株式会社のHPへ

全国版 企業表彰NAVI
資料請求
無料メルマガ
- 連絡先 -
〒534-0014
大阪府大阪市都島区都島北通2-11-21
TEL:06-6180-3575